上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
宣言通り、こっそりとひっそりと更新しております。

大宮ですごめんなさいm(__)m

気象系大宮が腐ってて18禁でも大丈夫な方のみ
お進み下さいませm(__)m
前回のお話はこちら→夢のつづき 1
大宮の他のお話はこちら→気象系


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆
Side O



今日もよく飲んで、笑って、喋って、泣いた。
ハワイに来てから毎日泣いてる。おれ。

嵐が結成されて15年。
それが長かったのか短かったのか、もうよく分かんない。
気が付いたらここにいる。そんな感覚。

乗りたくて乗った船じゃなかった。
ずっと、いつか逃げ出してやろうって、そんなことばっかり考えて。

それでも、結局逃げないで今ここにいるのは、みんなのおかげ。
メンバーもそう。スタッフの人もそう。もちろんおれたちのこと応援してくれるファンの子たちあってのこと。

今まで色々あって、本当に色々あって、15年経った。
どっかでおれは、おれがここにいていいのかなって、ずっと引っかかってたのかも知れない。
そもそもどうしておれが嵐なんだとか。
もしかしたらここにいたのは、おれじゃなかったかも知れないのにとか。
そんなこと一瞬でも考えたことがなかった、って言ったら嘘になる。

でも、おれは今ここにいる。
今までがどうだとかほんとはあの時こうだったとかじゃなくて。

おれが、嵐の一員として、みんなの輪の中でここにいる。

それが答えだと思った。

15年前デビュー会見を行ったこの思い出の土地に、誰一人欠けることなくまた嵐のみんなで降り立つ日が来るなんて、想像してみたこともなくて。
そうなったらいいね、ってことは、チラッとくらい話したこともあったかも知れないけど、でもそれが本当に実現するなんて夢にも思ってなかった。

それなのにさぁ・・・15年も経った今でもこうして一緒にいてさぁ・・・
って。
松潤や相葉ちゃんと飲んで話すたびに色んな想いが涙になって溢れてくる。

なんで泣けてくるのかなんて、自分でも分かんない。
だけど、色んな偶然が重なって出会った5人が、親よりも兄弟よりも長い時間一緒に過ごして来て、友達でも家族でもない、ただの仕事仲間ってだけでもない関係をここまで築き上げて来られたっていうのは、それはもう奇跡に近いことなんじゃないかって。

そんな風にして出会った嵐が好きだ、メンバーのみんなが大好きだ、って言っては毎晩泣いてる。

おれ、ハワイに来てよかった。
嵐でよかった。

今日もそうやって愛を確かめ合って・・・なんて言うとオカシイけど、とにかくお互いの嵐愛を確かめ合ってふと時計を見ると、もうそろそろ真夜中と言っていい時間になってた。
「明日も早いからもう寝るか。」
と立ち上がると、一緒に飲んでた相葉ちゃんも「そうだね」と腰を上げる。
彼も相当飲んで酔っ払っているのか、足元がふらついたついでにおれの肩に腕をがしっと回して来た。
部屋まで歩けるのか?と思って支えようとすると、どうやら違ったようだ。
耳元に口を寄せて、内緒話のようにおれに話しかける。
「リーダー、今日はもうベランダで泣かなくてもいいからね。」
「ふふふ、もう泣かねえわ。」
「その代わりニノんとこ行ったげて?」
「ニノ?もう寝てんじゃない?」

こっちに来てから、仕事以外の時間はずっと、ニノは部屋でゲームをしているか寝ているかしていた。
それは日本にいても一緒なんだけど、昨日も翔くんが、『出かけるって言ったらニノも「オレも行きたい」って言うから電話したのに全然出なくて、結局昼過ぎまで寝てたらしいよ』って教えてくれた。
おれたち他の4人は、せっかくハワイに来たんだからってオフの時間にはあちこち出歩いて好きなことしてるんだけど、それすらしないで寝ちゃうっていうのはニノらしいなって思う。
もっとも、疲れが溜まりやすくて抜けにくい体質だから、仕方ないことなのかも知れないけど。

だから、ホテルに戻って飯の時に一緒になったりすると、みんなニノに写真を見せたり土産話を聞かせたりしてる。
それをニノも、「わぁ、すごいね!」とか「よかったじゃない!」なんて言いながら笑って、見たり聞いたりしてる。
そして、そんな温かい時間と空間を共有できることが、おれは嬉しかったりする。

でもあいつ、おれには反応薄いんだよなぁ・・・。
返事はするし相槌も打つんだけど、他のみんなにほど感情がこもってないというか。

ニノはすぐ船に酔っちゃうから、釣りには誘っても絶対来ないことは知ってる。だから初めから誘わない。
でも、船から見る景色は、当たり前なんだけど船に乗らなきゃ見ることはできなくて、ニノにも見せたいなって思うから写真に撮って見せるんだけど、ニノと一緒に見たかったって言った時にうっすら微笑んで「そうですね。」って言った顔が寂しそうだったのが、おれに対しては一番感情が表に出てたような気がする。

もしかしておれ、ニノに寂しい思いさせてるのかな・・・。
日本に帰ったら、少しゆっくり二人で過ごそうと思ってたけど・・・。

それはそれとして、今日は夕方まで収録があったから、ニノはもう疲れて寝ちゃってるんじゃないかなって思ってた。
だから相葉ちゃんにそう言うと、
「いいからいいから。おれからのお願い。ニノの部屋のカード、もらってるんでしょ?」
って言われて引き受けないわけにはいかなくなった。

なんで相葉ちゃんが、おれがニノの部屋のカードキーを持ってることを知ってるのか、なんでそんな風に言うのかは分からなかったけど、「分かった。」と返事をしておれはニノの部屋に向かった。


――――――――――――――――――――――――――――――

  


よかったらこちらも覗いてみて下さい

素敵なサイト様がたくさん お気に入りの小説が見つかるかも


↓↓↓お気に召しましたらポチッと押して頂きますと、大変嬉しいです♪
関連記事
スポンサーサイト

2015.02.07 Sat l 大宮 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://futariainovels.blog5.fc2.com/tb.php/313-12aa1047
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。